英語表現 Let me get this right.

みなさんお久しぶりです❗


今回はレッスン中に生徒さんからいただいた質問をご紹介いたします❗


Let me get this right.


 「これ単語は簡単だけど意味がぜんぜん分かりません」と質問を受けました。


 確かに難しい単語はないですよね❗

 では、まずは直訳して、徐々に正しい意味を読み取りましょう。


「これが正しい状態を私に得させてください」


 でも、これではピンとこないですよね(笑)


 これは日常会話でちょこちょこ聞かれる表現で、話の内容がややこしかったり、きちんと整理をしたいときに「これまでの話(this)を正しく(right)理解(get)私にさせてください(let me)という意味です。



🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶

説明に入る前に❗

セミナー情報❗

2018年3月は24日(土)に名古屋、

25日(日)に東京で英文法と発音のセミナーを開催します❗

そして4月1日(日)は熊本でもセミナーをしますので、ぜひご参加ください❗

詳しくはココをタップかクリック❗


東京では「やりなおし英語コース 時制編」もスタート❗

計5回の講座ですが、第1回レッスンは3月と4月に行います

詳しくはココをタップかクリック❗

🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶



★ 文法面から

・let

 let + 人 + 動詞の原形は「(人に)〜させる」という使役動詞ですね。

 「〜ください」と言っているので「依頼」している文ですが、動詞で始まっているので形式上は命令文です。

 

・get this right

 上記の「動詞の原形」の部分にこれが使われています。

 get には「〜を手に入れる」という意味から派生して「〜を理解する」という意味もありますね。


 Did you get it? 「分かった?」


 今回の文でもこの意味で使われていますが、動詞の使い方が SVOC の第5文型の形を取っています。しかし、let me に続く動詞の原形の部分に使われているので主語が書かれていません。その代わり、文の内容から me にあたる「」がすることであると分かります。


 V = get、O = this、C = right


 この文型のときには、O = C が成り立つと言われます。つまり this is right「この話は正しい」や this becomes right「この話が正しくなる」といいう関係が成り立ちます。


ここで get を絡めると「この話は正しい」を「手に入れる」というのは、


今はよく分からないけど、これ(this)を意味がきちんと通る(right)ように理解する(get)


ということです。これを let me「させてください」となるので、第1段階の意訳は


これがちゃんと分かるようにさせてください


という意味です。



★ 意味の面から

 let me get 〜 ですから「自分が get する」という意味なので、相手に説明を求めるというよりも「自分が自分で理解して納得する」ことをさせてほしいときに使います。


 つまりこの表現を使うときには、これを言ったあとに「〇〇ということだよな」と、自分なりに解釈した内容を相手に言って確認します。最初から相手の説明を求めているのではないんです


 ここまでのことを考えると、分かりやすい日本語に置き換えた場合には次のような表現が考えられます。


ちょっと分かりにくいし、整理させて

「(これから言う内容について)要するにこういうことかな

「(これから言う内容について)こういうことだろ?


 この日本語からお分かりいただけたと思いますが、そもそも現状が「分かりにくい」ということを意味していて、これから自分の意見や考えを伝えるときに先に言うセリフだということが分かります。


 最後に、この表現には「今まで間違ってきたけど、今回はきちんとやらせてほしい」という意味でも使うことがありますので、A = B のように意味を完全に固定化して覚えるよりも、それぞれの単語が持つ意味をしっかり捉えるようにしましょう❗


🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶

最後に❗

セミナー情報❗

2018年3月は24日(土)に名古屋、

25日(日)に東京で英文法と発音のセミナーを開催します❗

そして4月1日(日)は熊本でもセミナーをしますので、ぜひご参加ください❗

詳しくはココをタップかクリック❗


東京では「やりなおし英語コース 時制編」もスタート❗

計5回の講座ですが、第1回レッスンは3月と4月に行います❗

詳しくはココをタップかクリック❗

🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶 🔷 🔶


 では、次のブログでお会いしましょう❗


Think Creative.

英語発音・英文法の指導を最も得意とする Buddy Sato(おっちゃんぬ)が運営する英語スクールです。

0コメント

  • 1000 / 1000